後半終盤に南野が投入されたが

衝撃的な試合結果に、1日中レビューを書く気になれなかった。 そうでなくても金曜日の朝の天気まで良くなかったのに、リバプールの敗北まで加わると正常にコンディションと気分を調節するのが難しかった。 「気持ちが態度になってはいけない」という言葉は、観念の中だけで留まるこだまに過ぎなかった。

リバプールにとって1月はいつも疲れていた。 狂ったようなパフォーマンスを見せた昨年を除いては強いチームらしいパフォーマンスを見せることができなかった。 FAカップで敗退するとか、唐突な試合を行うとか、大根畑を掘るとか、1月のリバプールは毎回風邪でもひいたように虚弱だった。

2021年1月にもその伝統を受け継いでいくのだろうか。 リバプールはバーンリー戦後、様々な記録を立て(もちろん、いずれも良くない記録だ)、危機状況に直面した。스포츠중계 それらの記録は次の通りである
リバプールは先発ラインアップに変化を与えた. マーティンが負傷から復帰して軽い負傷でエントリーから外されたジョーダン·ヘンダーソンの空白を埋めた上、ピルミーヌの代わりにオリギが先発に出て、攻撃陣に新しさを加えた。 一方、バーンリーはアシュリー·バーンズとクリス·ウッドを2トップにした4-4-2フォーメーションを使った。
リバプールは前半を通して、多様なルートを活用して攻撃を繰り広げた。 最近U字型ビルドアップという言葉を知ったが、相手の中央守備ブロックが厚いときに使う攻撃戦術で、左右サイドを素早く切り替えてプレーするビルドアップのことをいう。 リバプールはこのU字型ビルドアップを主に活用しましたが、側面クロスの質と正確性が著しく落ち、
前半30分が過ぎると、左右サイドのフルバックがスイッチングをしながら攻撃を展開し、チェンバレンとシャキリーはボックスの外でチャンスがあるたびに中距離シュートを放った。 本当にあれこれやってみたが、ゴールが決まらず、苦しくて気が狂いそうだった。 画竜点睛は前半40分、オーリギが放った1対1のチャンスだった。 この場面はまるで、FCバルセロナとの1819チャンピオンズリーグ準決勝で後半終盤にチャンスを逃してしまったデンベレの姿のようだった。 敗北の伏線というか。

前半終盤、ファビニュ-の荒々しいタックル動作で選手間の神経戦が過熱し、落ち着かない雰囲気の中で終了ホイッスルが鳴るようになった。

前半終盤の出来事のせいか、気がかりな雰囲気で後半戦が始まった。 後半戦もやはりリバプールの主導権下で試合が展開された。 まもなくバーンリーの左フルバックチャールズ·テイラーはハムストリングの負傷でアウトになった. かなり献身的なプレーで守備をしてくれた選手だったが、リバプールの立場では攻略点を見つけることもできた部分だった。

後半56分、オリギとチェンバレンがアウトになり、サラとピルミヌが投入された。 主力FWらが投入され、得点に対する期待をかけるに値する。 しかし、女房ラインの鈍くなった攻撃力、切れ味が落ちたアーノルドのクロス乱射、MFたちの不明瞭なパス展開とシュートまで、まともなものが一つもなかった。 さらにサラの決定的なシュートはニック·ポープGKのファインプレーに阻まれ、ピルミヌのシュートはゼロ点を外れても深刻に外れてしまった。 むしろ、グドムドソンを投入したバーンリーが攻撃の手綱を引きながらリバプールのゴールポストを間欠的に脅かした。

到頭、事が起こった 後半81分、セットピースの状況後、あいまいに落ちたボールをバンスが最後まで競り合い、1対1のチャンスを作り出し、これをアリソンGKがきちんと断ち切れず、ファウルを犯してしまった。 予想通りPKが宣言され、バーンズは得点に成功した。 ヴァンスは間違いを犯すことを切望していたが,そのようなことは起こらなかった. ゴールが入るや否や, アンフィールドのホームで無敗が終わるという予想が雪のように迫ってきた

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다