前皿に一片を入れてみたこれだけで

知人と一緒に夕食も食べて一杯傾け兼定数バーを訪問しました。

居心地の良い雰囲気の中で途方もないレベルのシーフード料理を味わうことができたので紹介したいと思います。

日訪ねて行ったハコはサンスドン交差点から徒歩で5分ないしかかったことで覚えています。

公共交通機関を利用して訪問した車引っ張ってきたら、少し迷惑ところですね。

そこに着くと、そこに着くのにかなりの外観がありました。

本当に日本という国に来ているような錯覚を呼び起こすようでした。

内部に入った後、インテリアを見てみるととても独特の感じでした。

通常のレストランを訪問すると、キッチンが遠くに隠れている場合が大半ですが。

ここはまさに入口側から見えるほどオープンしておいた姿でした。

座って待っていると、定数バーのシェフがリアルタイムで料理をしていました。

酢豚に見えることをボウルに加え、含んでいる場面が繰り広げられました。

スパイシーな香りが店全体に広がるお腹の中では、ぐんぐん音が大きくました。

水と一緒に簡単な食器類、そしてサラダから出しました。

カリカリ距離食感の宿主と一緒に果物味が爽やかに感じられるドレッシングが上がっていたサラダですが。

空いた船をスムーズに包み込んでくれるように軽い満腹感を感じることができました。

基本的に出てくるおかずさえ感性あふれる感じだった定数バーです。

入れてくださる皿が可愛くきれい持って行きたいほどでした。

四試味類と食べやすい草生姜もなぜかここでみると、さらに嬉しかったです。

メニュー板を見ながらどんなもの食べるかじっくり悩んでいました。

酒の種類がこのように様々な場所は、初めて見たと思います。

日本主導と精米横ばいまで詳細に書いておかげで、最初なのに迷わざるを得なかった。

お腹がすいので弟と一緒に様々なメニューをさせてみました。

テーブルの足が曲がるほどいっぱい整えられたのを見ると胸がいっぱいでした。

全体的に材料のレベルがとても高い方だと満足しましたよ。

杯は様々なサイズとデザイン、形で構成されていた二重から選ぶことでした。

四角いことから丸いスタイルまでどんなもの選ばなければならか幸せな悩みをしましたね。

シイタケが上がって香ばしいうどんから会ってみました。

日本の三大うどんと呼ばれるゴトミョンを活用されたよ。

ワカメとネギスライスまでたっぷり上がってビジュアル的に完成した感じでした。

キノコの1つで珍しいゴトミョンを聞いた。

得ながらもぷりぷりと噛まれるのが食感が優れていたんですよ。

濃く香ばしいスープも一度飲んでくれてきちんと吟味しました。

見るだけでも満足げた定数バーの盛り合わせサシミは種類が多様でした。

鉄の新鮮さは、食材の高まりに固執しています。

済州島でも会ってみることができると考えていたサバ回まで登板しました。

最初は、셔츠룸 私はマグロの愛着を味わった。

他のものが必要なく、ただ生唐辛子わさびだけ上げ食べるとゲーム終了ですが。

解凍を適切によくいただき、冷たくもなくかといっもぬるましくもないことが幽玄ました。

これ殻部分をきれいにカットいただき、表示良かった斜視米ですよ。

肌はピンク色で、表面は銀の輝く殻で覆われています。

一点だけ食べてもお腹が呼ぶほどふっくらとした厚さのサーモンは、醤油に軽く撮ってみました。

他の場所で食べていた味とは違って香ばしさが倍増はより大きくなったようでした。

下の緑色の内蔵に加え、転覆会をしっとり濡らしてみました。

新鮮でなければ、これを出すのは難しいです。

お粥で食べた内臓の姿を生き生きと目で直接見たのは定数バーが初めてだと不思議でした。

盛り合わせに食べた後、サバ会の魅力に陥って別に追加しました。

きれいにできた透明なボウルに加え、プレーティングも芸術的にしてくださったんですよ。

皮の部分まで生かしておいて、それこそ韓幅の芸術のように見えたんです。

熟成が適切に入っていた一切の生臭い味がありませんでした。

生を味わったので、今は揚げ物類を楽しむ番でした。

ウナギを持って揚げたメニューだった定数バーでのみ会ってみることができるのでした。

リゴチュまで一緒に出てくれたおかげで、二つの食感と味で楽しんだんです。

醤油ソースに加え軽く撮った後、野菜の揚げ物のように添えてみました。

衣服は厚くなく、適切な厚さを持っていて、材料本来の味を生かしてくれるような感じでした。

今年のこの時期には、一度食べなければならないというダンセオとウニーも会ってみよ。

キュウリスライスと海苔、唐辛子わさび三種セットを横に加え、プレーティングしてくださった点がセンスでした。

エビは通常身につけたもののみ食べる場合が多い回路楽しんだ時一番です。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다