健全な飲酒文化を作ろう

仁川で歌居酒屋を運営する30代の男性がゲストと酒代の問題でもめごとを繰り広げ殺害し、遺体を遺棄したと認めた。

仁川(インチョン)中部警察署は13日、殺人と死体遺棄の容疑を受ける歌居酒屋事業主A氏(34)に対して拘束令状を申請すると明らかにした。

Aさんは、前日、警察に逮捕され、調査を受け容疑を否認してきたが、11時間ぶりの午後7時頃犯行を認めて遺体有機場所を明らかにした。Aさんは、「客Bさん(41)と酒代問題で争って犯行を犯した」と供述した。

Aさんが犯行を犯した時刻は、Bさんが酒代問題でAさんと争いを繰り広げが112に申告した時間である先月の午前2時5分頃に把握された。当時Bさんは112総合状況室に直接電話をかけて酒代を釘出した申告した。状況室勤務者が正確な位置を尋ねたが、Bさんが正しく答えていない警察が出動していないことが分かった

警察関係者は「当時B氏の申告を受理した状況室勤務者が知っている人と酒代問題で話すほど考え出動指令を管轄地区隊に下さなかった」として「緊急または生命に危険がある状況と判断できなかった」と釈明した

Aさんは、Bさんの遺体を富平区鉄馬山の中腹に有機た認めた。これ警察は12日午後7時30分頃、鉄馬山の中腹で毀損されたまま散らばっていたBさんの遺体を収拾し、現在Bさんの遺体かどうかを確認するために、国立科学捜査院に解剖と感情を依頼した。

Aさんは、先月22日午前2時頃、自分が運営する中区シンポドンのカラオケでBさんを殺害した後、강남풀싸롱 遺体を車に乗せて遺棄した疑いを受ける。

警察は現場鑑識と閉回路(CC)TV分析結果などをもとにA氏を殺人容疑者として特定した。歌居酒屋トイレ現場鑑識でBさんの血痕が出てきた携帯電話の信号が最後に確認されたところも歌居酒屋だった。

警察は、Bさんが歌居酒屋に入った後、外に出なかった点とAさんが袋を持って歌居酒屋内外を出入りして何かを移す場面をCCTVを通じて確認した。また、22日午後6時頃、歌居酒屋近くのマートでは、Aさんが14l建てラックスした通過75l建てゴミ袋10枚、青テープなどを購入した事実も確認した

酒に酔った女性の乗客を強制的にわいせつして胸と下着を撮影した疑いで裁判に渡された代理運転手が裁判所で実刑を宣告され、法廷拘束された。

ソウル北部地裁刑事9単独(イ・ジンヨン判事)は準強制わいせつなどの容疑を受けるソ某氏(27)に懲役6月を宣告した。

裁判所は、性暴力の治療プログラム40時間履修をはじめ、児童・青少年関連機関と障害者福祉施設就職制限3年一緒に命令した。

ソさんは昨年3月17日代行運転中の女性の乗客が酒に酔って抵抗不能な状態を利用して強制わいせつした疑いを受ける。

また、昨年3月から7月までの地下鉄駅などで24回にわたって女性の胸や足などの身体の一部と下着などを不法撮影した疑いも受ける。

裁判所は「信じて代行運転を任せた被害者が抵抗不能状態にあるのを見て準強制わいせつをしており、わいせつシーンを撮影した」とし「また、不特定多数の被害者の胸と足、下着まで動画撮影するなど罪質が悪く厳しく処罰する必要性がある」と判断した

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다